2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】鋳物屋の基盤を構築 昭和三十八、三十九年

 昭和三十八年(一九六三)は未曾有の大雪に見舞われた。いわゆる三八豪雪である。金沢市民の生活が孤立している状況が全国ニュースで放映された。当然工場も二週間余にわたる長期休業に加え、虎の子の軽トラックが雪でペシャンコになる…

2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】 県外に活路を見いだし技術・取引を先取り 昭和三十八年

 前述の通り、県内ではなかなか相手にされなかったため、県外へチャレンジせざるを得なくなった。工場は職人(今は亡き中島君)と妻に頼み、私は専ら福井、富山はもとより中京、関西方面へも足を延ばし営業を続けた。現在と違って、県外…

2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】事業の厳しさを実感 昭和三十八年

 創業当時の世相は前述の通りだが、こと商売となれば話は全く違う。何分経験と実績のない者がいくら顔を出して取引を頼んでも、県内の各企業はそれぞれ独自の下請協力会という固い「ガード」があり、なかなか相手にされなかった。仕事不…

2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】開業当時、人情味豊かな町工場 昭和三十七年

 当時、自宅は金沢市北安江にあった。裏庭をつぶし、そこに十二坪の木造仮小屋を造って開業した。十二坪の中で溶解・型込・仕上作業を行うため大変だったが、反面、小回りの利く連携プレーで、共に汗をかいたり、一服したり、製品のでき…

2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】飴玉屋から始めて 昭和二十一〜三十七年

 学校を卒業し、一年足らずだったが軍隊生活も経験した。国内状況は敗戦の混乱もようやく落ち着き始め、復興の兆しが見えてきた昭和二十一年、心に決めた目標に向かって踏み切った。資本のない者には鋳物屋は到底無理と考え、伯父が言っ…

2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】業種選定のアドバイス 昭和十年代

サラリーマンの家庭に育った私が少年期を過ごした場所は、現在の金沢駅西地区だった。ここは古くから町工場の集積地帯だったため、幼いころの友人も町工場の息子たちが多かった。そんな環境からか、子どものころから自分も将来小さな工場…

2017年03月21日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】先見性とチャレンジ精神で拓いた三十年 【取締役会長 岡田 欣一】

 脱サラを決意    長男が身体障害児という事情からわが家の方向転換が始まった。    それまでは、どちらかというと平穏な夫婦共稼ぎのサラリーマン家庭だった。当時、私は銀行員、妻は専売公社に勤務。しか…

2017年03月21日 オカダ合金ヒストリー

【創業五十周年に寄せて】かほく市商工会会長 小山 良一

 オカダ合金株式会社様が創業五十周年を迎えられるにあたりまして、心よりお祝いを申し上げます。 御社の先代(現会長)が昭和三十七年に金沢市内でアルミ・銅合金鋳物業を個人創業したのが始まりとお聞きいたしております。その後、昭…

2017年01月22日 オカダ合金ヒストリー

【創業五十周年をお祝いして】社団法人石川県鉄工機電協会会長 澁谷 弘利

このたび、御社が創業五十周年を迎えられましたことを、心からお慶び申しあげます。   昭和三十七年四月に金沢市北安江町で創業された御社は、アルミ鋳物業界にいち早く着目し、社内の固有技術を磨かれました。 &nbsp…

2017年01月22日 オカダ合金ヒストリー

【祝辞】かほく市長 油野和一郎

 オカダ合金株式会社の創業五十周年、誠におめでとうございます。記念誌発刊にあたりまして、心からお祝いを申し上げます。    オカダ合金株式会社は、昭和三十七年(一九六二)に岡田欣一現会長が金沢市内の自宅裏に小さ…