【創業五十周年に寄せて】かほく市商工会会長 小山 良一

2017年03月21日

 オカダ合金株式会社様が創業五十周年を迎えられるにあたりまして、心よりお祝いを申し上げます。 御社の先代(現会長)が昭和三十七年に金沢市内でアルミ・銅合金鋳物業を個人創業したのが始まりとお聞きいたしております。その後、昭和四十九年にはオカダ合金株式会社となり、翌昭和五十年には、かほく市宇気の石川県鋳鍛工業団地に新工場を建設し、全面的にかほく市に移転して現在に至りますことは承知いたしております。かほく市商工会(旧宇ノ気町商工会)も同時に加入されております。

 

 ひと言で五十年と申しましても、長い歳月の間には、ご承知のごとく幾多の経済変動がありましたし、現在の国内外の経済環境もたいへん厳しい情勢にありますが、常に生産技術、品質管理に研鑽され、ISO9001、14001の取得など品質・環境活動に取り組みながら着実に成長を続けられ、今日ではアルミニウム合金鋳物のスペシャリストとして、型設計から機械加工完成まで卓越した製品を提供されており、ユーザーの信頼も厚くかほく市の中核企業としての位置を占められておられます。これもひとえに今日に至るまでの岡田会長・社長をはじめとする社員の皆様方の一致団結したご努力の賜物であり、心より敬意を表するところでございます。

 

 岡田社長は常々、「信用は資本なり」と言われ、その言葉は社員の方々に深く浸透しており、今後も今までと同様に優れた製品の追求に一層の創意工夫をもって社業に邁進していただきたいと念願いたしております。

 

 最後に、岡田社長や社員の皆様をはじめ関係するすべての方々のご健勝とご活躍をお祈りしますとともに、オカダ合金株式会社様の五十年を節目として、今後ますますのご隆盛をご祈念申し上げましてお祝いのことばといたします。