【述懐】鋳物業一筋【取締役工場長 魚野 正人】part3

2017年07月13日

独特なプロセス

 

 前社では、合理化された製造工程が主体であった。当社では、Vプロセス・金型鋳造。その鋳造製品も独特のものだ。他のVプロセスメーカーでは、景観鋳物が一般的である。その大半が市場縮小から撤退を余儀なくされている中で、逆に当社は、一般砂型鋳造品と同等の寸法形状・同等以上の外観品質・内部品質を作り出し、特徴としてアピールしている。

 

 金型鋳造でも、自動車部品等の量産対応品とは違い、まさに職人の技術・技量で作り出す鋳造方法で、鋳造している製品も独特な方案と金型構造に驚かされたものだ。

 

 金型鋳造を経験してすぐに金沢城五十間長屋の復元に使用する軒先(のきさき)鉛瓦(なまりがわら)を鋳造することとなった。石丸社長(現相談役)の考案した金型構造に驚かされ、当社の特徴を身に染みて感じるとともに、労働集約型でありながら他社に無い独特な手法と製品群に面白みを感じていった。

 

 反面、その技術を引き継ぎながら成長しなければならないという重責を背負っていることに気づいた。鋳物の出来映えを左右する要因は多々ある。時には、コップにビールを注ぎながら「静かに早く」注湯するには、どのような方案でどのように注ぎ込むか考えることもある。