2017年07月13日 オカダ合金ヒストリー

【第三部:技術編】メーカーの設計段階から関与  昭和六十年

 カコウソクフタ(大型ディーゼルエンジンのクランクケースの覗き窓)については、顧客に提案して、平面削り、オイルシール溝の加工、ボルト穴加工を省き、要求される性能、精度を満たして大幅コストダウンを達成した。平成十五年(二〇…

2017年07月13日 オカダ合金ヒストリー

【第三部:技術編】アルミ熱処理製品  昭和五十二年〜

 アルミホイールは強度が必要なのは当然のことで、そのため鋳造後には熱処理する必要があった。    昭和五十二年(一九七七)から繊維機械の糸巻に、直径三百ミリから大きいもので直径千ミリに至るまでのフランジを鋳造、…

2017年07月13日 オカダ合金ヒストリー

【第三部:技術編】鋳造アルミホイール  昭和五十七年

 昭和五十七年(一九八二)、自動車が各家庭に普及し、車のファッション化が始まっていた。ちょうどアルミホイールが出始めたころで、高岡市の商社から当社にもホイールの製作依頼があった。車にとって非常に重要な保安部品であり、当時…

2017年07月13日 オカダ合金ヒストリー

【第三部:技術編】自前の型設計  昭和四十三年〜

 砂型鋳造で量産する場合、モールディングマシンを使って半自動的、全自動的に造型するのだが、砂を入れる枠の大きさが限定されるため、枠に入らない大きさのものは手込めに頼るほかない。すると造型に時間がかかり、品質も安定しない。…

2017年07月13日 オカダ合金ヒストリー

【第三部:技術編】縦型鋳造機  昭和四十三年

 一方、金型鋳造機は型を水冷するダイカストの機械を模倣した形であるのに、 ①流し込み鋳造で型の温度が四百度にもなり型と機械との温度差が大きい、②機械と型の間に無理が生じて動きが悪い、③型の機械への取り付け・メンテナンス時…

2017年07月13日 オカダ合金ヒストリー

【第三部:技術編】失敗は成功のもと  昭和四十〜五十年代

 失敗のもとを探し、そのもとをつぶしてステップアップし成功につなぐ。言葉で言うのは簡単だが、手にまめを作り、高温の型に触ってやけどし、頭から流れ落ちる汗が型の上でジュッと蒸発するのを見ながらでも、とにかくモノを作る。そん…

2017年07月13日 オカダ合金ヒストリー

【第三部:技術編】技術と製品でたどる半世紀 【取締役相談役 石丸 義雄】

金型鋳造へのチャレンジ 昭和四十二年    「不自由を常と思えば不足なし」徳川家康の訓ではないけれど、不自由が当たり前とするか、何とか少しでも良い方へ向かうか、この訓から二つのことが読み取れる——  …

2017年07月13日 オカダ合金ヒストリー

【第二部:躍進編】決意

 このように全員で動き回ったことが功を奏してか、新規のお客様も増え、また既存のお客様からも新規品の依頼が活発になってきた。そして、平成二十三年(二〇一一、第三十七期)は、売上高五億八千五百万円と、近年にない好業績となった…

2017年07月13日 オカダ合金ヒストリー

【第二部:躍進編】本当の教育  平成十八年〜

 私が社長になってから、毎年続けていることがある。    それは研修(慰安)旅行だ。そういうと、当たり前のことのようだが、実は「お客様訪問」が主なのだ。我々は下請製造業だ。私や営業・幹部社員は、打ち合わせを兼ね…

2017年07月13日 オカダ合金ヒストリー

【第二部:躍進編】現場力  平成二十一年〜

 このような工場長や技術陣の頑張りもあって、前述の赤字覚悟の仕事を、今度は生産現場が品質向上と黒字化に向けて改善活動に取り組み始めた。「雇用調整助成金等での休業はもうたくさん」と、当社の現場作業者たちが燃えてくれた。 &…