ボランティア

2018年11月06日

10月30(火)~11月5日(月)までの1週間、石川県と富山県の県境の山頂にある「倶利迦羅不動寺」というお寺の境内で「見どころ学べる目で観る刀の教科書展」という日本刀の展示会が開催されました。
こちらの住職さんとはご縁があるため、所属するロータリークラブの一員として連日ボランティアのお手伝いをさせて頂きました。

現在、空前の刀剣ブームというのは噂では聞いてましたが、全国からこれほど大勢の刀剣ファンが来場するとは驚きです。しかも殆どが若くて礼儀正しい女性!

今回の目玉は、伊達家由来の「大倶利伽羅」という名刀。
これを今年開山1300年を迎えた北陸の名寺「倶利迦羅不動寺」で展示するというプレミア感もあってか連日の盛況でした。

若者のお寺離れが問われる昨今、どういう形であれお寺に人が集まる光景は素晴らしいこどだと思います。
逆に言えば、神仏もこれほど努力しているのだから、企業も頑張らなくてどうする!、と説教されたような気がしました(汗)・・・頑張ります!

≪追記≫
実は、このお寺の灯篭の幾つかは、かつて当社が造ったアルミ鋳物製なのです。