復活!社員教育(社長講座)

2017年01月31日

当社の鋳造プロセスは、市販されている鋳造機を使わない「簡易金型鋳造法」と「Vプロセス鋳造法」です。独自手法のこの方法は、「職人作業」と言っても過言ではありません。

品質管理に於いて、QC活動をはじめ、様々な統計や工程分析は、とても大切です。当社もここ数年統計的手法を駆使し、社外研修も含め積極的な自主活動による問題解決に時間を費やしてきました。
ですが、それらを重視するあまり、作業者の「職人感性」を後回しにしてきてしまったのではないか・・・?と、たまに生じるお恥ずかしいクレーム品等を見ると、そんな自戒の念が湧いてきます。これではお客様に申し訳ない・・・。

職人作業には「感性」が絶対必要です。それが土台にない限り、良い製品(鋳物)など造れるはずがありません。その「感性」を教えるべく、社員教育(社長講座)を復活させることにしました。

『Don’t Think Feel!(考えるな、感じろ!)』大好きな“ブルース・リー”の名言です。

パソコンを使わない超アナログ教育は、時代錯誤と言われるかもしれませんが、愛情を込めて熱血指導(社長講座)を再開することを決意しました。けっしてスパルタ教育ではありませんので…(笑)