• トップページ
  • 設備一覧
  • 会社概要
  • FAQ
  • サイトマップ

ISO14001、ISO9001

tel:076-283-4222 fax:076-283-2544

お問い合わせ

石川県かほく市宇気い6番地

高品質

砂型ではなく「金型」鋳造に徹底

安定した品質を保つために、小ロットから金型鋳造を採用しています。
一般的な金型はSKD61で製作されますが、弊社はFCで金型を製作しているため、金型サイズは機械サイズに影響されずコンパクトで安価な金型製作が可能です。

しかし、通常の金型より耐久性で劣るため、大量生産には不向きです。弊社では少量・多品種の鋳造品に特化して簡易金型製品を提供しています。

金型鋳造

品質管理

オカダ合金では高品質化を図る為に下記の測定機を用いて品質管理を行っています。

  • 放電発光分析装置:材質(鋳物)の化学成分を保証
  • ブリネル硬さ試験機:熱処理後の硬度管理
  • 三次元座標測定機:機械加工後の寸法測定

検査設備

安心の実績(お客様評価)

オカダ合金では取引実績のある企業様へアンケートを行い、QCDSの向上に取り組んでいます。アンケートの内容と回答は、右画像クリックで一部ご覧いただけます。

高強度管理

鋳造品の強度は熱処理で決まると言っても過言ではありません。
弊社では、「生産性と機械的性質を両立する熱処理条件下」で適切な熱処理を行っています。

時効硬化曲線

湯流れ解析・凝固解析による鋳造シミュレーション

◇鋳造シミュレーションのメリット

  • 製品のどの部位に欠陥(巣など)が出やすいか分かる
  • 複雑形状の製品でも、通常より試作回数が減り、納期遅延が起きにくい
  • 高精度な鋳型が作れる

最先端の湯流れ解析・凝固解析による鋳造シミュレーションを行い、問題が無ければ試作品を製造します。
鋳造を行う上での不具合予測ポイントは、長年「職人の経験と勘」に頼っていた工程です。鋳造シミュレーションでは、「職人の経験と勘」を解析したデータに加えて、理論的に不具合予測を行います。
その為、最終判定でのNG回数が大幅に減り、高精度な鋳型を短時間で作ることができます。

湯流れ解析・凝固解析による鋳造シミュレーション

鋳造方案決定から量産までの流れ

鋳造方案決定から量産までの流れ解説図

鋳造シミュレーションの動画

鋳造シミュレーションご希望の方へ

鋳造シミュレーションをご希望される方は下記をご確認の上、お問合せください。

  • 原則、製品形状の凝固解析に限ります(鋳造方案がデータ化されている場合は解析可能です)
  • 「Parasolid .stl」データのみ対応可能です
  • 造形方法(砂型or金型)をお知らせください(砂種・湯温・型温等のパラメータ設定は要相談です)
  • 納期・費用は別途ご相談(納期目安は3日~10日、費用は工数・解析時間次第です)
  • 同業者様からのご依頼はご遠慮ください。

お問い合わせフォーム

PAGE TOP