2020年11月13日

品質保証体制強化

3Dスキャナ型三次元測定機を導入しました!!

 

以前より接触型三次元測定機は使用していますが、今回導入した装置はスキャナ型ですので、複雑な鋳物形状を非接触で360°自動測定しデータ化します。

ノギスなどで測れなかった部位の寸法測定とか、製品3Dモデルとの差異をカラーマッピングできるので鋳物の収縮影響なども可視化できます。

 

導入早速、新規鋳物の寸法検査で活躍しています。

 

今後は、鋳造型の経年変化や鋳物の歪測定にも使用し品質保証体制強化を図っていきます。ご期待ください。

 

 

社長ブログ

お問い合わせ・ご相談はこちら

TEL:076-283-4222
/FAX:076-283-2544

受付時間:平日8:00~17:00

お問い合わせフォーム

pagetop