2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】成長と試練のころ 昭和四十年代後半

 先人の言葉に「山高ければ谷深し」とあるが如く、昭和四十年代は前半の躍進に対して、後半は予想だにしなかった大変な時代だった。    まず、私自身が好況と受注先安定の安(あん)堵(ど)感による気の緩みからか胸部疾…

2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】第一次技術改革 昭和四十年代前半

 戦後も二十年の歳月が過ぎてようやく世の中も落ち着き、国内産業も本格的な復興期を迎えた。工作機械はベルトからギヤ直結に、モーターはメタルからベアリングへと、すべてが欧米の先進型に変わってきた。また、一般家庭ではプロレスブ…

2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】鋳物屋の基盤を構築 昭和三十八、三十九年

 昭和三十八年(一九六三)は未曾有の大雪に見舞われた。いわゆる三八豪雪である。金沢市民の生活が孤立している状況が全国ニュースで放映された。当然工場も二週間余にわたる長期休業に加え、虎の子の軽トラックが雪でペシャンコになる…

2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】 県外に活路を見いだし技術・取引を先取り 昭和三十八年

 前述の通り、県内ではなかなか相手にされなかったため、県外へチャレンジせざるを得なくなった。工場は職人(今は亡き中島君)と妻に頼み、私は専ら福井、富山はもとより中京、関西方面へも足を延ばし営業を続けた。現在と違って、県外…

2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】事業の厳しさを実感 昭和三十八年

 創業当時の世相は前述の通りだが、こと商売となれば話は全く違う。何分経験と実績のない者がいくら顔を出して取引を頼んでも、県内の各企業はそれぞれ独自の下請協力会という固い「ガード」があり、なかなか相手にされなかった。仕事不…

2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】開業当時、人情味豊かな町工場 昭和三十七年

 当時、自宅は金沢市北安江にあった。裏庭をつぶし、そこに十二坪の木造仮小屋を造って開業した。十二坪の中で溶解・型込・仕上作業を行うため大変だったが、反面、小回りの利く連携プレーで、共に汗をかいたり、一服したり、製品のでき…

2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】飴玉屋から始めて 昭和二十一〜三十七年

 学校を卒業し、一年足らずだったが軍隊生活も経験した。国内状況は敗戦の混乱もようやく落ち着き始め、復興の兆しが見えてきた昭和二十一年、心に決めた目標に向かって踏み切った。資本のない者には鋳物屋は到底無理と考え、伯父が言っ…

2017年05月29日 オカダ合金ヒストリー

【第一部:開拓編】業種選定のアドバイス 昭和十年代

サラリーマンの家庭に育った私が少年期を過ごした場所は、現在の金沢駅西地区だった。ここは古くから町工場の集積地帯だったため、幼いころの友人も町工場の息子たちが多かった。そんな環境からか、子どものころから自分も将来小さな工場…

2017年05月20日 社長ブログ

ビジネス創造フェア石川2017

5月18~20日 ビジネス創造フェア石川2017が石川県産業展示会館2号館で開催されました。 今年は2号館で「技能オリンピック」が開催されたこともあり、例年より学生の見学者が多く、出店する私共も力が入りました。 弊社の今…

2017年05月08日 社長ブログ

心機一転

4月はブログ更新も出来ないほど忙しい月でした。(言い訳です…) ISO2015年版(品質・環境)の更新審査に新規顧客(複数社様)の品質監査と立て続けの監査月間でもありました。 お陰様で全てに「合格」頂きまして…